地域貢献の取り組み | 株式会社ゆがふホールディングス

地域貢献の取り組み

ゆがふグループの地域貢献推進方針

誇りを持って地域に根をはる企業集団であるために
環境保全・エコ活動

事業所近隣の定期的な自主清掃活動に加え、各種団体主催のビーチクリーンや沿道の除草作業、花植えや桜の木の保全活動に参加するなど、地域の美化に努めています。 建設業においては、建設生産から生じる環境への影響をモニタリングし、汚染の予防や環境保全の継続的な改善を実施しています。 ホテル業では、新規開業施設全体の30%を緑地化したほか、 連泊のお客様のご協力を得てステイ清掃の頻度を抑え節水や 水質汚染の抑止に努めています。また、地元食材を使用することで、輸送に伴うCO2排出量や保管にかかるエネルギー軽減に寄与するほか、フードロス削減のための啓蒙活動を実施中。

  • ボランティア【クリーン活動】
  • 毎月恒例の道路清掃活動
青少年育成支援活動

地域の学校(小学校・中学校・高校・大学)からの職場体験やインターンシップを積極的に受け入れています。また、地域の小中学校でキャリア教育講話やマナー講習会などを実施。ホテル業においては、技術的・職業的スキルなどの指導研修受け入れとしてキャリア教育に積極的に取り組んだことで、2019年に名護市教育長より感謝状を授与されました。また、青少年の健全な育成と地域貢献を目的に野球やフットサルなどのスポーツ大会を主催しています。

  • ゆがふいんおきなわ杯争奪
    国頭地区中学校野球大会
  • 小学校への出前授業
  • 少年フットサル大会の開催
3.地域交流活動

地域のお祭りや伝統行事、経済団体のボランティア活動に積極的に参加しています。 ホテル業においては、地域の観光業を盛り上げるため、本部町の「もとぶミス桜」や名護市の「名護さくらの女王」「がじゅまる王子」など、地域の観光大使を輩出。地域の公式行事に参加し県内外へPRする公務を主として活動しています。 また、2020年に着工した「ゆがふBizタワー建設工事」では、岩手県花巻市の株式会社ヘラルボニーが展開する「『全日本』仮 囲いアートプロジェクト」に参画。浦添市の社会福祉法人若竹 福祉会のアーティストによる「Art Bru(t アール・ブリュット) ※」作品で、建設工事現場の仮囲いを彩ります。

※美術の専門教育を受けていない人が独自の発想・手法で生み出す芸術を意味するフランス語。「生(き)の芸術」と訳される。日本では障がい者が主な担い手となる。

  • 「やんばる地産地消フェア」
    への出店や朝市支援
  • 全日本仮囲いアートプロジェクト
    への参画
  • テーブルマナー講座
4.寄付活動

琉球弧に生息する希少な野生生物を守る「NPO法人どうぶつたちの病院沖縄」や、離島の医療格差改善の為、航空機を活 用した医療活動に取り組む航空医療チーム「NPO法人メッシュ・サポート」への定期的な支援を行っています。また、文科省の「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム地域人材コース」に継続的な寄付活動を行うほか、自然災害時や地域社会に必要とされる大小様々な募金活動に参画しています。

  • 首里城基金への寄付
メニューインデックス
株式会社ゆがふホールディングス
〒905-0014
沖縄県名護市港2丁目6番5号
TEL:0980-53-5551
FAX:0980-53-5585
お問い合わせはこちら

会社概要PDF

ゆがふBizタワー浦添港川